青木一晴容疑者の顔画像やFacebook情報 杉並区の自宅で父親を殺害 原因は介護疲れ?

Pocket

出典:NNNより

  22日、東京都杉並区で青木一晴容疑者(55)が父親の章達さん(87)をナイフで刺したと自ら警察に通報し逮捕されるという事件がありました。 55歳の息子が父親を刺すという衝撃的なこの事件。 事件の犯人である青木一晴容疑者について調べてみましたので、事件の内容と共に見ていきましょう。

スポンサーリンク



事件の内容

出典:NNNより

 22日午前、東京都杉並区で父親をナイフで刺したとして青木一晴容疑者が殺人未遂の容疑で逮捕されました。 青木容疑者が父親の章達さんを殺害しようとナイフで刺し、その後青木容疑者が自ら警察に通報したことで事件が発覚しました。 章達さんは病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。 青木容疑者は調べに対し黙秘を続けています。 警察は殺人未遂から殺人に容疑を切り替えて捜査を進めていくとのことです。

青木容疑者はなぜ父親を殺害しようとしたのでしょうか? 介護、喧嘩、金銭トラブル、考えられる動機は多々ありますが、現在はまだ不明です。

青木一晴容疑者の顔画像やFacebook情報

出典:NNNより

  青木容疑者について気になるところですが、顔画像は現在報道では発表されていません。 FacebookやTwitterなどのSNSについても調べてみましたが、名前以外の共通点のある人物は見つかっていません。 青木容疑者についての情報はかなり少ないですね。 新たに情報が分かり次第追記していきます。

青木容疑者について

青木容疑者について現在報道されている情報をまとめてみました。

名前:青木一晴

年齢:55歳

住所:東京都杉並区下高井戸

職業:無職

55歳で無職というのは、なにやら訳アリの様です。 父親の介護のために離職したのか、もともと無職で父親に養ってもらっていたのか。 無職の理由が事件の動機に直結しているような気がします。

スポンサーリンク



ネット上のコメント

・黙りこむってことは介護疲れによる殺人とは違うな。 介護疲れによる殺人だったら正直に話すもんな。 あと情状酌量の余地もあるしな。 無職をとがめられてが正解だろうな。

・もう世の中が変・・・ ・まさか息子に殺されて人生が終わるとは思ってなかっただろうな

・原因は何?介護疲れ?無職をとがめられ?

・東京多くないか? 大阪、福岡では口論の末…刺されたってパターンが多いが…東京では気付いたら刺されてたってパターンが多いから余計に怖い(汗)

・87歳まで長生きして、まさか息子に殺されるとは・・・ ・はあ?…杉並あたりの戸建てでね。。父親のお陰で杉並の戸建てに住めてるのにね。何歳?還暦近いってね。本当に男の無職はバカを越えて怖いよ。小さいときに息子を激甘やかしちゃうからなー日本の母親は。ほんで日本の社会は男に甘いからなー、余計にこういう奴ふえちゃうの。

・『無職をとがめられて…』なんて原因か。

青木容疑者が自ら通報していながらも調べに黙秘していることから、負い目を感じるような動機で父親を刺したと考えらている様です。

興味深い意見だったので、青木容疑者の行動になぞらえて「話さない 心理」というワードで調べてみたところ、幼いころに親に抑圧されながら育てられると防衛本能として質問に答えられなくなるという情報がヒットしました。 青木容疑者は幼いころから父親に対していろんなことを我慢していたのではないでしょうか?

飽くまで推測ですが、無職を咎められたなどが原因で青木容疑者の中で何かが爆発して今回の事件に至ったと個人的に見ています。 ※殺人を擁護しているわけではありません。

スポンサーリンク



まとめ

父親を殺害しようとナイフで刺しながらも、青木容疑者が自ら通報していることから自責の念はあるとみていいでしょう。 しかし、取り調べには答えられない。 事件について公開されている情報から、青木容疑者は「善悪の判断はつくが、父親に不満があった。」という心理状態だったのではないかな?と個人的に思います。

最近、「親殺し」「子殺し」の報道頻度が増えてきていますが冷静に考えたら異常ですよね。 「相談できる相手」がいれば事件を防げたのではないかという意見もよく見かけますが、本来家族こそ自分にとって一番身近な相談できる相手のはずです。 いま一度家族の在り方を見つめなおさなければならない時代なのかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする