中溝毅容疑者の顔画像やFacebook情報 交際相手の長男にやけどを負わせる

Pocket

出典:TBS NEWSより

 交際相手の3歳の長男にやけどを負わせたとして、中溝毅容疑者(32)が虐待の容疑で逮捕されました。 中溝容疑者の顔画像やFacebookの情報を調べてみましたので、事件の内容と共に見ていきましょう。

事件の内容

出典:JNNより

 交際相手の3歳の長男に熱湯をかけて全治1か月のやけどをさせたなどとして、32歳の男が逮捕されました。 逮捕されたのは、神奈川県藤沢市に住む無職・中溝毅容疑者(32)です。中溝容疑者は、今月13日、神奈川県内のホテルで、交際している女性(28)の3歳の長男に熱湯をかけるなどして、全治およそ1か月のやけどを負わせた疑いが持たれています。男の子は母親と栃木県真岡市に住んでいて、今月18日に男の子の通う幼稚園の職員がやけどに気づき、真岡市役所に「虐待の可能性がある」と通報したということです。 調べに対し、中溝容疑者は「何もやっていません」と容疑を否認しています。警察は、男の子が以前から虐待を受けていた可能性もあるとみて調べを進めています。

引用:TBS NEWSより

連れ子の虐待ですね。年々件数が増えているようですが、ひどい事件です。 詳しい背景はまだ不明ですが、以前からも長男にタバコを押し付けたような跡があるなど長期にわたって虐待をいていたようです。

母親の女性は栃木県に住んでいるらしく、遠距離恋愛だったようですね。 遠距離だったなら子供を守るために中溝容疑者と縁を切るという選択肢もあったように思えます。

として子供を守ってあげるべきだったのではないでしょうか?

スポンサーリンク



中溝毅容疑者の顔画像やFacebookの情報

出典:JNNより

 現在中溝容疑者の顔画像は報道されていません。 Facebookをリサーチしてみたところ同姓同名ではありませんが、中溝容疑者と共通点の多いアカウントが見つかっているので、今後の情報で本人確認ができ次第情報を追記していきます。

中溝毅容疑者について

中溝容疑者について現在報道されている内容についてまとめました。

名前:中溝毅

年齢:32歳

職業:無職

住所:神奈川県藤沢市

32歳で無職というのが気になるポイントです。

無職の男性と付き合う女性の心理として「彼を支えたい」というものがあるそうです。 個人的な見解ですが、交際相手の女性は中溝容疑者を支えたいという心理で付き合っていて、中溝容疑者は相手女性に甘えていた部分があったのではないでしょうか? こうなっていると子供を守るベクトルの人間がいませんよね。

他にも連れ子に男性が虐待する主な理由でも今回の事件に該当しそうなものが多々あります。  推測ですが、背景を考えてみます。

スポンサーリンク



虐待する男性の心理

参考になる記事があったのでそれらの情報と今回の事件を照らし合わせてみます。

ステップファミリーになる場合、親同士は当然ながら愛情があって同居したり結婚します。しかし、夫の中には、子供嫌いを超えて、連れ子に対して憎しみの感情を持ち虐待するような人間がいます。 虐待した男たちのコメントがニュースなどで聞かれますが、以下のような一方的で身勝手なものばかりです。

  • 子供が自分の言うことを聞かない
  • 自分の言うことを理解しない
  • 夜泣きがうるさい
  • 遊びに行くのに邪魔
  • 養育にお金がかかる

中溝容疑者は無職なので金銭面の理由はありそうです。 他にも遠距離恋愛であったことから、「子供の世話が理由で、女性が自分のいる場所に会いに来れない」というのもあるかもしれません。「自分が女性に会いに行かなければならない」と置き換えれば、こちらも金銭的な理由といえます。

他に虐待されやすい子供の特徴として「幼い」というのがあります。

虐待は連れ子の年齢によって変わってきます。先のデータを見ても分かるように0~4歳までと小さい子どもの虐待数が最も多くなっています。   ”子供が幼いほど虐待の被害が多い。生まれたばかりの赤ん坊は養育コストが投じられていない分だけ、(無意識のうちに)利害得失を計算してあきらめやすい」という心理学の仮説と整合的だ。逆にいうと、子供が成長するに連れて養育の累計コストも大きくなり、母親はより強く子供を守ろうとするだろう。”   橘氏の考察によると、養育の累計コストが幼児虐待に影響するとしていますが、母親がより守ろうとする理由は愛情も同時に大きくなっているためなのは言うまでもないでしょう。

この特徴って今回の事件で思い当たる部分が多いですよね。

・なぜ幼いと虐待されやすいか?

      ↓↓↓

・母親が守ろうとしない場合があるから。

これは無視できない要素だと思います。 虐待する男性が最も悪いのですが、それを母親が止めないのも問題ですよね。 今回の事件とは関係なくても、あてはまる環境の女性には知っておいてほしい情報です。

本項目の引用はみんなの夫婦生活よりさせていただきました。

まとめ

交際相手の連れ子を虐待したとみられる今回の事件ですが、虐待していたであろう中溝容疑者も、それを見過ごしていた母親の女性も問題があると思います。

  • 幼少時代に愛情を受けて育たなかった
  • 幼少時代に親から虐待を受けた

これらは虐待をする男性の傾向です。虐待は次の子供へと連鎖していくという悲しいデータです。 被害に合った男の子もあちら側にならないことを願います。

最後まで読んでいただきありがとうございました

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする