日大アメフト問題 内田前監督の嘘がバレまくりネットが批判から’’呆れ‘‘に・・・

Pocket

出典:JNN

 連日報道されている日大のアメフトの悪質タックル問題について、関東学生アメフト連盟の森本啓司専務理事は29日の会見で、内田前監督の主張や発言を「およそ全てに信用性はない」と評し事実上の永久追放に当たる「除名」処分にしたことを発表しました。

この会見の中で、内田前監督が主張していた内容が事実とは考えられない証拠が映像として報道されたこともあり、ネット上で内田前監督や日本大学に対しさらにバッシングが飛び交っています。

会見で暴かれた嘘と、それに対するコメントをまとめました。

スポンサーリンク



会見内容

出典:JNN

 29日午後9時すぎに始まった関東学生アメフト連盟の記者会見。日本大学アメフト部の内田正人前監督や井上奨前コーチについて、こう断罪しました。  「内田前監督および井上前コーチの供述は、内田前監督を守ろうとして事実をねじまげているのが明らかであり、全く信頼性に乏しい」(関東学生アメフト連盟 森本啓司専務理事)

 発言は「およそ全てに信用性はない」と述べた上で、内田前監督と井上前コーチに、最も重い処分で事実上の永久追放に当たる「除名」処分にしたことを発表しました。

スポンサーリンク



主張1「指示はなかった」

今回、問題の焦点となっている「監督が選手に指示をしたのか・していないのか」という点。 内田前監督および大学側は「指示はなかった」と主張していますが、選手への調べで「監督からの’’しごき‘‘」と、その中で指示を言い渡されているのを見たという証言が集まっています。

出典:JNN

内田前監督による「絶対的な指導」。その一端がわかる発言も、29日、森本専務理事の口から発せられました。

 「選手たちの間では、運悪くこの対象者になってしまうことを“はまる”と呼んでいました」(関東学生アメフト連盟 森本啓司専務理事)  日大アメフト部の間で「はまる」と表現されていた内田前監督ならではの指導方法。

 「見込んだ選手、活躍しそうな選手をとらえて全員の前で名指しで酷評し、圧力をかけ、ひたすら厳しい練習を課し、時に理不尽とも言える要求をして、精神的にも圧力をかける。これが対象者を代えて何度も繰り返されていました」(関東学生アメフト連盟 森本啓司専務理事)

 日大の現役部員からは、こうした指導の場面を裏付ける証言が出ています。「内田前監督が試合前に守備選手を集めて、宮川選手に向かって『反則してでも相手のクオーターバックを潰してこい』『俺が責任をとってやる』と話していました」

 JNNの取材に対し、悪質タックルをした選手が内田前監督から直接指示を受ける様子を複数の部員が目撃していたというのです。

引用:TBS NEWSより

    内田前監督が選手にプレッシャーを与え追い詰めながら指導していたことは、5月6日に行われた試合直後のインタビューでも本人の口から語られています。

「だけどやっぱり、僕、相当プレッシャーかけてるから」

「昔、僕ら毎試合やってたよ」

内田前監督は現役時代の経験から選手へも時に理不尽な指導も行っていたようで、インタビュー時点では宮川選手のプレーについても肯定的に話していました。

そして今回問題になっている指示についても複数の選手が聞いたと証言しています。

主張2「インカム落とした」

先の主張に加え、タックルの起きた場面を「インカムを落としたため、見ていなかった。」と話しています。 しかしこちらも映像で嘘であることが確認されました。

出典:JNN

 この瞬間、ボールは内田前監督の視線とは反対側にあったにもかかわらず、タックルしようとしている宮川選手の方向をずっとみていました。 さらに、インカム(ヘッドホン)についてももともと外しており、付け直す様子も確認されませんでした。

出典:JNN

 「言い繕えば誤魔化せる」とでも考えていたのか、調べられたら簡単に分かるような嘘を検証の場で平気で主張することから「自分が絶対だ」という感覚から抜け出せていないように見えてしまいます。

内田前監督らは処分を言い渡されましたが、本当の意味で反省する日は遠そうです。

スポンサーリンク



ネット上の反応

・だめだこのバカ、嘘が下手すぎる上に見苦しい

・このオッサン適当にその場しのぎの嘘バッカついてるから もう誰からも信用されないなw

・典型的なサイコパスだよ 嘘が常態 ばれても平気 人はゲームの駒

・証拠になる映像があって本当によかった

・すごいな 証言は一応それなりには尊重されるものなのに全部ウソ扱いされてる 全く信用されてないんだな

・映像検証出来るだけのものが出回ってるって誰も教えてないんだろうな

・もう収まらねえな 関連スレ全部足したら過去最高更新してるんじゃ

・何としても逃げるって意気込みがすごいわ

・もう少し考えて嘘つけよw

・その場しのぎの嘘ばっかり しかも嘘ばれても平気、なんとも思わないし、恥じることもない これが日大クオリティなの?

引用:5ちゃんねるより

  まあそうなるわな。と言いたくなる程、内田前監督の嘘の主張に批判が押し寄せていました。 映像確認があることは伏せられていたのかもしれませんが、人間性がよく見えるやり方だったと思います。

個人的に思うこと

今に始まったことではありませんが、「体育会系」、「厳しい」という言葉が理不尽の免罪符として使われているのは、やはり問題ですよね。

今回明らかになった「はまる」と称されたしごきなどもそうですが、こんなものは監督という立場を利用したストレス発散や自己満足に過ぎないと思います。

 最後には言い逃れしようとするような人間に、このような指導を行う道理がどこにあるのか・・・。 勝利することを逆算をしたときに「理不尽なしごき」が必要になる時点で、そんな人間は指導者に向いているとは思えません。こういう考えの人は「理不尽」と「厳しさ」の境界線がないのでしょう。

今回の事件は権威に溺れた監督が部員を追い詰めた結果起きた事故だったと言っても過言ではないでしょう。

タックルした部員も最終的には相手チームの部員より自身の身を優先したのは間違いありませんが、「自分か相手か」という理不尽な選択肢を突き付けた内田前監督にはきちんと反省していただきたいものです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする