門司益布さん、息子の志音くんを車でひいてしまう 現場の環境から事件を考察

Pocket

出典:NNNより

 16日に、母親が自分の子供を車でひいてしまいそのまま死亡するという事故がありました。

母親の門司益布(みほ)さん(33)の供述によると「娘に忘れ物の水筒を届けに行こうとしていた」らしく、周囲に注意を欠いて発生した事故とみられています。

まずは事件の内容から見ていきましょう。

事件の内容

出典:NNNより

 16日午後1時20分ごろ、愛知県岡崎市桑谷町の住宅駐車場の前で「子どもをひいてしまった」との119番が、この家の無職門司益布さん(33)からあった。門司さんの四男志音ちゃん(4)が病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

 岡崎署によると、志音ちゃんは自宅前の路上にいて、門司さんが駐車場から出した乗用車にひかれた。門司さんは、車で外出先から戻ってきて車内に次女の忘れ物の水筒があることに気付き、届けるために再び車で出掛けようとしていたという。同署が詳しい事故原因を調べている。

出典:産経WESTより

自分の子供をひいてしまうという、とても痛ましい事故です。

今回の事件が起きてしまった原因として考えられるのが一家の子供が多いということです。

門司家の子供は8人兄弟と報じられています。とても多いですよね。

一家の子供が多く、目を配るのに限界があったのではないでしょうか?

事故当時、志音君は兄弟と遊んでいたらしく、門司さんは普段の経験から「兄弟も見ているし大丈夫」と油断していたのかもしれません。

スポンサーリンク

門司益布さんについて

顔画像については現状報道されていません。

確認できるプロフィールをまとめました。

名前:門司益布(みほ)

年齢:33歳

住所:愛知県岡崎市桑谷町

職業:不明

家族構成:夫=不明

      子供=8人兄弟

それにしても33歳で子供8人というのは驚きです。

家族構成について夫の有無は不明としていますが、事故の現場を調べると「門司金属工業」という会社が見つかり、後述の現場の建物と一致したことから会社の代表者が夫ではないかと思われます。

またFacebookなどSNSを調べてみましたが、本人らしきアカウントは見つかりませんでした。

事故の現場

現場について、報道の映像に移る家と調査で見つかった会社の位置が一致しました。

映像のブルーシートの隣が3台止められる駐車場の様です。

(別の家庭と共用かもしれません。)

映像

出典:NNNより

Googleマップ

畑に囲まれたのどかな地域の様です。

映像を見て察するにですが、子供たちは普段から駐車場のそばで遊んでいたのではないでしょうか?もしそうであれば、普段から車を運転するときは周りに注意しなくてはいけませんね。

報道の映像には路上についている志音君のものとみられる血痕が映っており、数メートルほど引きずられていることが分かります。

出典:NNNより

赤い線のあたりに血の跡がついています。

発進した時点で急いでスピードを出そうとしていたのでしょうか?

気になるのが、血が道路の真ん中についていることです。

血痕の初めの位置に志音君がいた場合、運転席から見えるような気がします。

(向かいのフェンスに上って遊んでいて、急に飛び出してきた可能性も考えられますが)

考えたくはないですが、門司さんがスマホやカーナビを見るなどしながら発進させたという可能性もあります。

「普段大丈夫だから」という部分は少なからずあったかと思います。

また志音君の視点で考えると、現場周辺は子供からすれば遊びやすい場所であり、飛び出してくる可能性は大いにあります。ましてや自分の親であれば「ひかれるなんてことはないだろう」と思っていたかもしれません。

今回の事件は家族だったからこそ起きた事故だったのではないかと思います。

スポンサーリンク

ネット上の反応

大勢いるからこそ、しっかりと確認して欲しかった。
後悔先に立たずですね。
このような事故はちょくちょく起きてるような気がしますが、親が我が子を過失で死なせてしまうなんて・・・もちろん一番可哀想なのは亡くなってしまった子ですが、親も気が狂うほど辛いと思います。
二度と同じことのないよう、小さな子供を持った親は気を引き締めて欲しいです。
亡くなったお子さんのご冥福をお祈りします。

よほどあわてていたんだろうけど、安全確認してゆっくり発車しないとね。 

8人か。そりゃお母さんも物理的に全部見きれないだろうな。
誰も責められんと思う。
 

事故の内容も残念
でも、今時8人も子供いる大家族だなってのが印象強い
 

車の前にいたのに?
それは完全に確認ミスでしょー…
子供が多いから仕方ない!は通用しなくない?
多いからこそ、ちゃんと確認しないとダメだったんじゃないかな?

って、こんなん言わなくても、お母さんが一番後悔してるって思うけどね… 

この記事読んで何で轢いてしまうの?と感じる人は気をつけた方が良いと思う。
駐車時は死角も含め見てるようで見てない

出典:Yahoo!ニュースより

事故を起こした母親に対して否定的な意見もありますが、「子供8人」という環境から「誰も責められない」という意見も多いです。

さらに母親や、水筒を忘れた次女が罪の意識に苛まれ続けないか心配する声もありました。

子供が1人でもいれば同じ危険は常にある中で、8人も育てていた門司さんの状況を考えるとやはり気の毒に思ってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

ふとした瞬間に取り返しのつかない事故が起きた事件でした。

注意を怠った母親が悪いと言ってしまえばそれまでですが、私たちも普段どれだけ注意しながら車に乗っているかというと返す言葉は無いように思えます。

8人育てているからこそ、日ごろの経験から大丈夫だという自信が生まれていたのかもしれません。

4歳の子にとって親は完璧な存在に見えていて、自分がいることに気付いているはずと信じていたのかもしれません。

この事故を教訓として、車に乗る以上は責任をもって周囲には気を付けなければなりませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. au より:

    住所まで載せる必要は無いのでは?
    あなた何者ですか、 わざわざ家まで調べて貴方に本人の気持ちが分かるんですか、凄いですね!