渋谷恭正の裁判での証言が異常!男に下される判決は極刑か?

Pocket

出典:FNNより

 昨年3月に千葉県松戸市でベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件で、逮捕された渋谷恭正被告(47)の裁判が18日に行われました。そこでの渋谷被告の発言が異常すぎました。

今回の裁判の内容について紹介します。

裁判の内容

出典:ANNより

千葉県松戸市のベトナム国籍の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が殺害された事件で、殺人や死体遺棄などの罪に問われた同じ学校の元保護者会長渋谷恭正被告(47)の裁判員裁判の論告求刑公判が18日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)であった。

 検察側は「人として良心のかけらもなく、特異で冷酷な犯行だ」と述べ、死刑を求刑した。被告側は改めて無罪を主張し、結審した。判決は7月6日。

 検察側は論告で、遺体の腹部からリンさんと渋谷被告の混合したDNA型が検出され、軽自動車からも広範囲にリンさんの血痕が確認されたと指摘。「被告が犯人であるとしか考えられない」と主張した。

 被告が見守り活動をしていたことに触れ、「保護しなければならない立場にあったのに、真逆の行為をした」と非難。「信頼していた被告に裏切られたリンさんの精神的、肉体的苦痛は計り知れない」と述べた。

 一方、弁護側は最終弁論で、リンさんが事件前、被告の車で遊んだ際に出血し、血の付いた手で車内を触った可能性があると主張。「DNA型以外に犯人であることを裏付ける証拠がない」と指摘し、無罪を訴えた。

 渋谷被告は最終意見陳述で、「無実無罪だ。検察は架空の事実を述べ、証拠を捏造(ねつぞう)しており腹立たしい」と話した。

 起訴状によると、渋谷被告は昨年3月24日、リンさんをわいせつ目的で車で連れ去った上、首を絞め窒息死させ、遺体を同県我孫子市の排水路脇に遺棄したなどとされる。 

出典:時事通信より

大まかな流れは上記の通りです。

ここまで証拠がそろっているにもかかわらず「身に覚えがない、分からない、ねつ造だ」と言い張る姿勢には恐怖すら覚えます。

スポンサーリンク

このほかにも裁判内でのやり取りは異常なものでした。

午前中の裁判では無罪を主張しながらも「見守りしてた時に守ることができなくてすみませんでした」と涙ぐみながら話していたのですが、午後には検察側の事件当日に捜索しようと思わなかったという問いに「最後の最後にめんどくさい事件が起きたのかなと思いました」と無責任な発言をし、「やってほしいという依頼がなかったからやりませんでした」と続けています。

渋谷被告はそこから「子どもから目を離さないのは親の義務」と主張し、裁判長に「一番悪いのは犯人では。それを親に向かって糾弾するような言い方はどうか」と質問されると「そうですけど、糾弾したわけではないが、自分のことは自分で守るのが持論だ」と主張しました。

自分が無罪であるなら潔白を証明すれば良いにもかかわらず、被害者遺族に対し責任を押し付けるような発言は多くの反感を買っています。なかには「このような犯人を擁護する弁護士も異常だ」と渋谷被告の弁護士にまで批判されています。

渋谷被告について

プロフィールなどをまとめました。

出典:ANNより

氏名:渋谷恭正(しぶや・やすまさ)
肩書:小学校保護者会会長・PTA会長 
年齢:46才 
住所:千葉・松戸市在住

事件発生後にリンさんの家族が帰国できるように募金を募ったり、「犯人が捕まるといいね」と話しながら何食わぬ顔で子供たちの見守りを続けるなど事件直後の対応も普通ではありません。

さらに渋谷被告について調べていくと、これまた異常な経歴や前科の疑いが見つかっています。

スポンサーリンク

渋谷被告は自他ともに認めるロリコンであり、地元では逮捕前から渋谷被告が半ではないかとささやかれていました。

学生時代からアニメの美少女などが好きで、強い執着を見せていたそうです。

普段は優しいがキレやすく、教師にビンタされたときに教師が血まみれになるまでやり返し、さらに渋谷被告の母親と共に教師に謝罪を要求、15万円ほど受け取ったこともあるそうで、渋谷被告だけでなく家庭環境まで問題があったとみられます。

また今回のリンさん殺害とは別に、2002年に当時9歳の大川経香さんが失踪した事件(未解決)の犯人としても容疑がかけられているそうです。

どのような判決が下されるか

皆さんが一番気になるところではないでしょうか?

現状、渋谷被告は無罪を主張していますがリンさんの遺体や渋谷被告の車内からそれぞれDNAが発見されており、犯人であることを裏付ける証拠は揃っています。

ただし、事件当日に渋谷被告がリンさんを車に連れ込んだ目撃証言が見つかっていないので、事件を立証するためには欲しい材料ではあります。

過去に起きた類似事件では無期懲役の判決が下されていますが、今回の事件では渋谷被告がPTA会長という社会的信頼を裏切っての犯行であることや裁判内での偽証などから犯行が認められれば死刑までありえると思われます。

(02年の事件についても余罪の疑いがあります)

リンさんのご両親も裁判での渋谷被告の発言に悔しい思いをされたと思いますが、重ねた発言の分だけ裁判官の心証は悪くなり判決は重いものになるので、犯行が立証されれば報われることと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回の裁判の内容については酷いものであったと言わざるを得ません。

証拠は集まっていますが、渋谷被告の容疑はまだ認められていません。渋谷被告が無罪である可能性もありますが、「親が見ていなかったから」など被害者遺族に一切配慮しない持論を言い放ち、裁判長に咎められても遺族を非難するような発言を続けるのは倫理的にも問題があります。

事件とは別に、渋谷被告の人間性も罪に問われて欲しいと思ってしまうのが個人的な感情です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする