宮城刑務所で食中毒再発 250人の被害者を出した原因は一体何なのか

Pocket

出典:JNNより

6月26日に、仙台市にある宮城刑務所で集団食中毒が発生したようです。

被害者はなんと約250人だそうです!

私も昔、食中毒になったことがあるのですが

「まあ何もできないし、しんどい・・・」

気を抜けば便が出そうになるし、何にも集中できなくなります。

オマケにおなかが痛くて夜、眠れません。(苦笑)

さらに、なったことがある方にはどれだけキツイかお分かりいただけるでしょうが、

なったことのない人には「おなか痛いだけでしょ?」と思われ、

会議や研修などから抜けるに抜けられなかったりします・・・。

250人も同時に食中毒になったのであれば、トイレの奪い合いになりそうですね。

食中毒が起きたことに話を戻しましょう!

今回食中毒が発生した宮城刑務所ですが、去年10月にも食中毒が発生しています。

そのときも対策を講じたはずなのですが、また起こってしまったようです。

今回の騒動の内容や原因について見ていきましょう。

スポンサーリンク



宮城刑務所で集団食中毒発生

出典:JNNより

 仙台市は28日、宮城刑務所で調理された給食を食べた866人の受刑者らのうち、249人が食中毒を発症したと発表した。重症者はおらず、全員快方に向かっている。

市によると、26日朝、同刑務所や隣接する仙台拘置支所、東北少年院で、受刑者らが下痢や腹痛の症状を訴えた。全員が、刑務所で受刑者が調理した給食を食べていることから、市保健所は集団食中毒と断定。28~30日の3日間、調理施設を業務停止処分とした。

市は今後、調理を担当した受刑者23人や、発症者の便を検査し、原因を調べる。

宮城刑務所では、昨年10月にも223人が食中毒を発症している。安部玲所長は「職員の衛生管理意識について指導を徹底する」としている。

出典:産経ニュースより

幸い重傷な人はいないようです。

回復次第、普段の作業を再開されることでしょう。

ちなみに被害者の内訳には関連施設で食事をとった人も含まれています。

宮城刑務所では他の更生施設の給食も調理しているため、他の施設でも被害者が出ています。

それだけ被害を出すわけですから、前回の食中毒が発生したときもちゃんと対策したはずですので、今回の食中毒は全員驚いたのではないでしょうか?

スポンサーリンク



食中毒の被害

出典:JNNより

今回の食中毒では以下の施設で被害が出ています。

・宮城刑務所・・・被害者228人

・仙台拘置支所・・・被害者18人

・東北少年院・・・被害者3人

食中毒の原因は?

食中毒の原因ですが現在調査中でまだ判明していません。

前回の原因は病原大腸菌O6(オー6)だったことが発表されていますが、

症例が近いことから今回も同じかもしれませんね。

刑務所の食事は基本的に「火を通したもの」だそうなので、

病原大腸菌かウエルシュ菌ではないかと考えられます。(参考

「腹痛」や「下痢」はどのウィルスでも起こる症状ですが、

モノによっては免疫力に大きく影響することもあるので気になるところ・・・

スポンサーリンク



ネット上の反応

っていうか 食中毒にかからなかった受刑者凄くない?

単純に学校とかじゃなくてよかったと思いました。

犯した罪に比べたら食中毒なんてたいしたことないでしょ。
同情の余地なし

ごめん、刑務所でのあれだと思ったら
かわいそうとか思えなかったわ

もし全員が病院にかかるとすると
それはそれでかなりの人手とお金がかかる。

看守さん、職員さん、お疲れ様です。

昨年もあったなら、もしかして故意の混入とか?
相手が相手だけに、罪の意識がないかもしれない。

食中毒をなめてはいけない。あの苦痛は、なってみた人でないとわからないだろう。家ではちょっと過剰気味に予防対策をしたほうがいいですよ。

出典:Yahoo!ニュースより

被害者が受刑者であるため「構わない」という意見も多かったですが、

他に被害が出なかったことや、故意に引き起こされたのではないかという意見も見られました。

たしかに故意である可能性も否定できません。

しかし、料理は先に所長が口にすることになっているので、

職員などがそのようなリスクを冒すかというと現実的ではないように思えます。

まとめ

刑務所で集団食中毒が発生したのですが、原因はまだ不明です。

最近ジメジメして暑い気候が続いているので、食中毒そのものが発生しやすくなっているそうなので、私たちも気を付けなければなりませんね。

子供のお弁当に入れるおにぎりも手をしっかり洗って作る、カレーは常温で寝かせないなど、小さなことでも食中毒を防ぐことができますので取り組んでいきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする