西山円明容疑者の顔画像は?寺はどこ?事故の原因は?僧侶がひき逃げ事件

Pocket

スポンサーリンク



2018年7月16日未明に仙台市太白区で、

追突事故が発生した直後、犯人の男が逃走するというひき逃げ事件がありました。

逮捕されたのは僧侶の西山円明容疑者(47)。

西山容疑者の情報や事故の内容を見ていきましょう。

事故の概要

出典:仙台放送より

16日未明、宮城・仙台市太白区の市道で追突事故を起こし、運転していた男性にけがをさせたうえ、現場から逃走したとして、太白区の47歳の僧侶の男が、ひき逃げなどの疑いで逮捕された。 逮捕されたのは、太白区向山4丁目の僧侶・西山円明容疑者(47)。 警察によると、西山容疑者は16日午前2時ごろ、太白区八木山南2丁目の市道で、赤信号で停止していた普通乗用車に追突し、その衝撃で押し出された車を、さらに前の軽乗用車に追突させ、その場から逃走した疑いが持たれている。 普通乗用車を運転していた52歳の男性は、首を捻挫するなどのけがをした。

引用:仙台放送より

要点まとめ

・ひき逃げの容疑で西山容疑者が逮捕される。

西山容疑者僧侶だった。

・追突された男性(52)は首を捻挫した。

事故までは致し方ない部分があるかもしれませんが、その場から逃げてしまったのは
僧侶としてあるまじき対応と言わざるを得ません。

被害に遭った男性が無事だったことは幸いです。

西山円明容疑者について

現在報道されている情報が少なく、顔画像は公開されていません。

判明している情報をまとめました。

西山容疑者のプロフィール

出典:仙台放送より

名前:西山 円明 (にしやま えんみょう)

年齢:47歳

住所:宮城県仙台市太白区4丁目

職業:僧侶

他の情報が入り次第追記いたします。

スポンサーリンク



寺はどこ?

ひき逃げで逮捕された西山容疑者は、
一体どこの寺の僧侶なのでしょうか。

西山容疑者が勤めていたのは「大満寺」のようです。

かなり大きなお寺ですね。

西山容疑者はこの寺の32代目住職だったようです。

またこの寺から事故現場まではおおよそ15分かからない程度の距離です。

逮捕された原因

西山容疑者が逮捕された原因は以下の通り。

出典:仙台放送より

西山容疑者は、事件からおよそ20分後に、現場近くの住宅のブロック塀に突っ込む事故を起こしていて、現場に駆けつけた警察官とのやりとりの中で、ひき逃げ事件が発覚したという。 警察の調べに対し、西山容疑者は「追突したことは覚えていません」と、容疑を否認しているという。

引用:仙台放送より

事故のあとにまた事故を起こして逮捕されたようです。

塀に突っ込んだ原因は何なのか・・・。

パニックで運転を誤っただけ?

実はお酒を飲んでいた?

追突した部分を塀にぶつけて痕跡を消したかった?

考えられる理由はいろいろありますが、まともな理由ではなさそうです。

スポンサーリンク



覚えていません

「追突したことは覚えていません」というのはタチが悪いですね。

弁護士の方によると、覚えていないというのは警察や検察に情報を与える代わりに捜査の手を緩めさせる目的で使われることが多いようです。

健全な使い方としては自分が痴漢冤罪などで逮捕されたときでしょうか・・・。

脱線してしまいましたね。

なんであれ仏に使えるものの態度ではないと言えるでしょう。

ネット上の反応

記憶のない坊主、罪を認めない坊主、こんな奴にお経はあげてもらったら亡くなった方も成仏出来ないね。盆前の逮捕で良かった!

追突の痕跡を隠すために、わざと塀ぶつけたかもしれない。たちの悪い破戒僧。

煩悩

追突したのに覚えてないってあり得ない。これは悪意を感じるな。

飲酒かな??薬物?

寺のホームページを確認したら、
お金取って様々な祈祷をやってるみたいだが、

その中に「交通安全」の項目があったので笑ってしまった。
祈祷をやってあげる坊主が、ひき逃げしてどうする。

他にも病気に関する「がん封じ祈祷」などがあるが、
これも効果はないだろう(笑い)

生臭坊主

知らない 覚えてないですむなら警察いらない でも犯罪予備軍の警察いらない

バチ当たりの坊主だな!

引用:Yahoo!ニュースより

スポンサーリンク



まとめ

僧侶という身でありながら事故を起こして逃げ出すという、なんともいえない感覚が残る事件でした。

褒められたことではないですが、人間、いくら注意していても事故を起こしてしまうことはあります。悲しいですがこればかりはゼロにできない問題です。

しかし起きた後の行動は自らが決めるものであり、責任を果たすことが求められます。

今回事故を起こした西山容疑者も43歳という年齢だったこともありますので、肩書以前に一人の人間として責任を果たしてほしいところでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする