高木昭彦容疑者の顔画像は?事故の原因や当時の状況など!東名で大型トラックが事故

Pocket

出典:FNNより

スポンサーリンク



2018年7月23日午後5時過ぎに厚木市の東名高速道路上り線で、大型トラックを含め6台が絡む事故が発生しました。

事故を起こしたとして、大型トラックを運転していた高木昭彦容疑者(51)が逮捕されました。

高木容疑者はどのような人物で、いったいなぜ事故を起こしてしまったのでしょうか。

当時の現場の状況も併せてみていきましょう。

事故のいきさつ

出典:FNNより

神奈川・厚木市の東名高速道路・上りで、大型トラックなど6台がからむ事故があり、子どもを含む男女10人が重軽傷を負った。

23日午後5時すぎ、厚木市愛甲西の東名高速・上りの厚木バス停付近で、「車複数台による事故が起きた」と110番通報があった。

警察によると、大型トラックが前の乗用車に追突するなど、あわせて6台がからむ事故で、子どもを含む男女10人が重軽傷を負い、うち女性1人は搬送時、意識がなかったという。

警察は、大型トラックを運転していた高木昭彦容疑者(51)を、過失運転致傷で現行犯逮捕し、事故のくわしい原因を調べている。

引用:FNN PRIMEより

高木昭彦容疑者について

出典:FNNより

名前:高木昭彦(たかぎ あきひこ)

年齢:51歳

職業:トラック運転手(運送業?)

事故を起こしたとして逮捕された、トラック運転手の高木容疑者。

顔画像や名前・年齢以外の情報はまだ報道されていません。

新たな情報が分かり次第追記いたします。

事故の原因は?

高木容疑者はなぜ事故を起こしてしまったのでしょうか。

トラックの事故というのは「よくある事故」になりつつありますが、その原因について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク



トラックの事故は半分が追突事故

トラックの事故で最も多いのが「追突事故」になります。

その数は全体で5割を占めており、普通自動車との明確な違いです。

原因として考えられているのはトラック運転手の「人手不足」

ネットで物が購入できる時代となり、ドライバーの需要は高まっていますが人手はまだまだ不足しているのが現状です。そのため労働時間は長く、さらに労働時間は早朝や深夜であることもあり生活リズムも不規則になります。

そのため「注意力散漫」や「睡眠不足」といった原因から事故が発生してしまっているようです。

高木容疑者が事故を起こした原因についてはまだ報道されていませんが、こうした労働環境も原因の一つかもしれません。

当時の事故現場の様子

事故が起きた現場の様子について。

出典:FNNより

出典:FNNより

出典:FNNより

トラックにぶつかられた車は内側にめり込むように潰れ、原形をとどめていません。

さらに2台前の車も後部が大きく破損しています。
高速道路なので車は常に進み続けているはずですが、5台もの車を巻き込みここまで破損させるということは、トラックがかなりスピードを出していて衝突してもすぐには反応できなかったことが伺えます。

これらを見ると居眠り運転の可能性がありますね。

スポンサーリンク



ネットのコメント

今回の事故で起きた渋滞に対する反応が多かったのでそちらを紹介します。

まとめ

10人にも上るケガ人を出してしまう大きな事故でした。

トラックを運転していた高木容疑者は大きな責任を負うことになるかもしれませんが、これらを教訓にトラック運転手(運送業)の労働環境改善に国や協会が動いてくれると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする