田中嘉明の顔画像は?勤務先はどこの小学校?教頭がひき逃げ被害女性は死亡

Pocket

2018年7月29日にひき逃げを起こした疑いで埼玉県川口市立小学校の教頭・田中嘉明容疑者(54)が逮捕されました。

田中容疑者に関する情報や、事故の原因についてまとめました。

スポンサーリンク



事件の概要

出典:JNNより

 逮捕された埼玉県川口市立本町小学校の教頭・田中嘉明容疑者(54)は、28日午前2時ごろ、川口市の路上で自転車に乗っていたフィリピン国籍のイトウ・ジョセフィン・ラメダさん(56)をはねて死亡させ、そのまま逃走した疑いがもたれています。

田中容疑者は「ものに当たった程度の事故だと思った」と、容疑を一部否認しているということです。

引用:TBS NEWSより

田中容疑者は28日の明朝にひき逃げを起こして、今日逮捕されたようです。

教員としてあるまじき行為ですね・・・。

事故当日には亡くなったラメダさんの実子と思われる人物が「被害者は私の母親です」とTwitterでツイートしており、犯人逮捕のために協力を仰いでいました。

田中容疑者について見ていきましょう。

スポンサーリンク



田中嘉明容疑者について

出典:JNNより

名前:田中嘉明(たなか よしあき)

年齢:54歳

住所:埼玉県草加市長栄1丁目

職業:埼玉県川口市立本町小学校 教頭

田中容疑者の顔画像は現在公開されていません。

FacebookやTwitterについても本人らしき人物は見つかっていません。教員ということもあり、あまりSNSは利用していないのかもしれません。

教師としての田中容疑者の評判はむしろ良いほうだったようで、今回の一件は信頼を一気に失う結果になったようです。

勤務していた学校はどこ

田中容疑者が勤務いていたのは埼玉県川口市立本町小学校だったようです。

学校は夏休みに入っているため、気が抜けている部分があったのかもしれません。

事故の原因

出典:JNNより

概要でもお伝えした通り、事故の原因は「飲酒運転」とされています。

少し物にぶつかった程度だと思ったと話していますが、事故の現場や車の状況はその程度の話ではなかったようです。

 現場には、フォグランプをはめ込むための穴に付いているプラスチック製のふたが残されていた。教頭の乗用車は、前面左側のふたが外れてなくなっており、左側のバンパーが壊れ、フロントガラス左側には何かが強くぶつかったとみられる円形の傷が付いていたという。

引用:埼玉新聞より

百歩譲って酒に酔っていた事故の瞬間に気付かなくても、これだけ車が傷ついていれば翌朝には気になるのではないでしょうか?

「人身事故」、「飲酒運転」、「ひき逃げ」と3重で罪を犯してしまった田中容疑者。

特に問題なのは「人身事故」以外は自分の意志で防ぐことが出来たということです。

「根っからの悪人」という人物ではないようなので、しっかりと罪を償っていただきたいところです。

スポンサーリンク



ネット上の反応

・それでも止まるよね?
普通は。

・氷山の一角

・はい。終了。
チャリ乗ってる人が当たって、気がつかないはずないっしょ。
クルマって小さいものが当たっただけでも焦るほど音しますよ。
ここは結構危ないんだよ!みんな飛ばしてくるし、歩道も狭いし。

・何に当たったかもわからないほど酔っていたなら危険運転で裁きましょう、  裁判長!

・そろそろ飲酒運転ではなく、酒事態の新たな法案が出るのでは?

引用:Yahoo!ニュースより

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする