樋田淳也はなぜ富田林署から逃走できたのか!?弁護士は共犯?潜伏先は!?

Pocket

12日の夜に弁護士との接見後に犯人の男が逃走し、今も捜索が続いているようです。

今回は樋田容疑者が拘置所から逃走できた理由現在潜伏していそうな場所についてまとめました。

スポンサーリンク



事件概要

この記事を読まれている方は事件の大筋は把握されていると思いますが、一応載せておきます。

出典:NNNより

12日夜、大阪府警富田林署で留置中の30歳の男が逃走し、警察が行方を追っている。

逃走しているのは、窃盗や強盗致傷などの疑いで逮捕・起訴されている樋田淳也被告(30)。樋田被告は12日午後7時半から富田林署の2階の面会室で弁護士と接見していたが、弁護士が退出した後、接見が長いと思った警察官が部屋を確認した午後9時40分すぎ、樋田被告がいなくなっていたという。

面会室のアクリル板が押されてずれたあとがあり、接見後に逃走したものとみられている。

樋田被告は窃盗や強盗致傷の罪で起訴されたほか、大阪府内のオートロック付きのマンションで、女性に性的暴行を加えた疑いなどで逮捕され、警察が余罪を追及していた。

樋田被告は、身長163センチ、中肉中背の長髪で、警察が行方を追っている。

引用:日テレNEWS24より

樋田容疑者の特徴などについてはコチラから

『樋田淳也の顔画像や犯罪歴など!女性を襲い何度も逮捕されている男だった!』

スポンサーリンク



富田林署の不備

樋田容疑者の逃走を受けて厳しく追及されているのが、富田林署の管理体制の甘さです。

逃走を許してしまう原因となったのは以下の3点。

・面会室のアクリル板の不備

・面会室出入口のブザーの不備

・弁護士接見時のルールがあいまい

これらの原因について1つずつ見ていきましょう。

スポンサーリンク



面会室のアクリル板

出典:ANNより

面会室では犯人側の部屋が外側から施錠されることになっていて、理論上犯人が逃走することは不可能になっています。

しかし犯人と弁護士の間を遮っているアクリル板が外され、樋田容疑者は逃走してしまいました。

実はこのアクリル板、30年前に取り付けられてから一度も手入れされていません。

点検項目からも漏れていて、軽く確認はするもののほとんどは設備の点検が主体になっていてアクリル板の老朽化に誰も気づいていなかったのです。

出入口のブザー

出典:ANNより

面会室の弁護士側の部屋の出入り口には、弁護士の退室を知らせるためのブザーが取り付けられています。

しかし富田林署ではブザーがうるさいと苦情が入っていたことと、接見が終わったことを弁護士が知らせるという暗黙の了解が出来ていた為、ブザーは不要と判断し電池を抜いていたようです。

このような措置は大阪内にある65の警察署において富田林署だけだったようです。

弁護士の連絡

土日の接見に関しては弁護士のみ認められているのですが署員は配置されていないため、接見を終えた弁護士が一声かけるようになっていたようです。

しかし警察側は会見で接見の終了を弁護士が伝える決まりになっていたと発表していますが、それはあくまで暗黙の了解であり、明確なルールは定められていなかったようです。

もちろん接見の終了を伝えなかった弁護士側にも少なからず落ち度はありますが、ブザーを切る代替措置として「弁護士は連絡をする」と勝手に決めていただけなので、これも警察署側の怠慢といえるでしょう。

スポンサーリンク



弁護士は共犯?

事件後に囁かれている説です。

弁護士が連絡をしなかったことから「弁護士が樋田容疑者に協力したのではないか?」という意見が出てきています。

確かに弁護士が連絡さえしていれば、逃走しようとしても樋田容疑者はその場で取り押さえられたでしょう。これが偶然か計画によるものなのかという部分が争点になっています。

ニュースなどのメディアによると12日の接見に関しては樋田容疑者がこの日時を指定したのではないかと見られていて、弁護士の連絡の有無に関わらず逃走するつもりだったのではないかと考えられています。

しかし中卒にも関わらず白い改造車を乗り回す姿が目撃されていることから、樋田容疑者は何らかの理由でお金を持っている可能性もあり、協力を持ち掛けて弁護士も「連絡しないだけなら」と協力した可能性もあります。

潜伏先の予想

樋田容疑者の足取りについてはまだ判明していない状況です。

赤い自転車に乗った姿を確認されているため、そのまま自転車で遠くに逃げた可能性もありますが食料の当てがないため、協力者が存在しその人物のもとを目指している可能性もあります。

樋田容疑者は「夜」に動く

樋田容疑者の今まで起こした犯罪について、犯行時刻が夜遅い時間で被害者は女性ばかりという共通点があります。これは一番最悪のケースですが、帰宅する女性を狙って家に侵入しそのまま潜伏しようとすることも考えられます。

過去に何度も女性を付けて家に侵入し暴行を働いた人物ですので、このような事をしても不思議はありませんし、単純に金銭目的で襲われる可能性もあります。

まとめ

富田林署の不備が重なり、その結果樋田容疑者が逃走してしまいました。

アクリル板を蹴破って逃走するなんてしないだろうと考えていたのかもしれませんが、ブザーを切っていることなどからそこを抜けられたら逃走が可能な状態だったのでキチンと点検すべきだったのではないでしょうか。

そして弁護士の協力があったかについては、個人的には無いと考えています。

まず犯罪者の為に職を棒に振るわけがないということと、樋田容疑者が人間的に好ましいタイプではないという事です。

「強いものには媚び、弱い者には強く出るタイプ」との情報もあり、女性ばかり狙っていることからも間違いないでしょう。そのような人間に協力を持ち掛けられても腹立たしいだけです。

とは言いつつも樋田容疑者は平気で犯罪を起こしますし、警察の車両ごと自転車を燃やすような人物です。愛媛の松山刑務所から逃げ出した犯人は窃盗で済みましたが(まだね?)、樋田容疑者は何をしでかすか分かりません。

今この瞬間にも市民は危険にさらされています。警察には早急な樋田容疑者の身柄の確保と、不備に対する真っ当な対応を望みます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする